大切なお子様の歯を守るために

「小児歯科」は成長段階にあるお子様のための診療メニューです。大人と違い、お子様の場合は歯の将来的な成長も考慮しながら治療や処置を行う必要があります。

お子様の歯(乳歯)は、成長とともに抜けて生え替わります。しかし、「どうせ生え替わるから……」と軽く考えて虫歯を放置してしまうと、その下から生えてくる永久歯にも悪影響がおよんでしまいます。また、乳歯の歯並びが悪いと永久歯の歯並びが乱れる可能性が高くなることがわかっているので、お子様の将来の健康のためにも小さい時期からのケアが大切なのです。

ご両親のケアも大切です!

赤ちゃんのお口には虫歯菌がいないということをご存知ですか? お子様の虫歯の多くは、実はご両親から感染したものなのです。大切なお子様の歯を守るためには、お子様本人だけでなく、ご両親の予防意識を高めることも非常に大切です。豊島区要町の歯医者「エール歯科クリニック」では予防歯科(定期検診)にも力を入れておりますので、親御様は積極的にご活用ください。

エール歯科クリニックの特徴

キッズスペースがあります

小さなお子様が診療までの時間を楽しんで待てるキッズスペースを完備。お子様本人の治療時だけでなく、親御様が治療を受ける際にもご利用いただけます。

ベビーカーで直接院内に入れます

広めのエントランスは、ベビーカーを押しながらでも入りやすい設計になっています。小さなお子様をお連れの親御様もご安心ください。

全室土足で過ごしていただけます

待合室でも診察室でも靴を脱がずに過ごしていただけます。靴の履き替えが難しい小さいお子様、共用スリッパに抵抗がある方も心配ありません。

2名の女医が在籍しています

女性の歯科医師が在籍しているため、小さなお子様でも安心して任せていただけます。男性医師には相談しづらいことがあれば、女性の医師にご相談ください。

歯科デビューをサポートします

お子様は、不安から歯医者に少なからず怖いイメージを持ってしまうものです。当院では、最初は治療を行わず、練習から少しずつ慣れていけるようサポートしています。

治療後にはご褒美をあげています

治療を頑張ったお子様には、かわいい消しゴムをプレゼントしています。プレゼントのために楽しんで通っている子もたくさんいます。

年代別ケア方法

0~1歳
歯が生え始めるこの時期は、ブラッシングの代わりに脱脂綿やガーゼなどで歯をやさしく拭いてあげてください。また菌の感染を防ぐために、口移しや食器の共有など、唾液が接触する行為も避けるようにしてください。1歳半になったら、1歳6ヶ月検診にも行きましょう。
2~6歳
ブラッシングに慣れさせるため、膝枕などをしてお子様の歯をブラッシングしてあげてください。慣れてきたら自分でやらせ、最後に仕上げ磨きだけしてあげましょう。6歳ごろになると虫歯になりやすい6歳臼歯が生えてくるので、歯科医院で適切なブラッシングを勉強しましょう。
小学生
永久歯が生え始めるこの時期は、永久歯と乳歯が混合するためブラッシングがしづらくなります。お子様も高学年になるころにはブラッシングが上手になりますが、歯肉炎などの心配も出てくるころです。念には念を入れて必ず仕上げ磨きでチェックしてあげましょう。

当院で行う予防ケア

フッ素塗布

歯質を強化して虫歯に強くする「フッ素」を塗る処置です。お子様の歯はやわらかく、虫歯に弱いのですが、フッ素を塗布することで大人の歯と同じくらいまで強くなります。

シーラント

生えたての奥歯には深く複雑な溝があり、ここに食べかすなどが詰まることで虫歯になってしまうケースがよくあります。シーラントは、この溝に樹脂を詰めることで虫歯を予防する処置です。

プラーク染めだし

歯に薬剤を塗ることで、磨き残しの部分を赤く染めます。どれくらい磨けているのか、どの部分が虫歯になりやすいのかといったことを知る目安となります。

ブラッシング指導

歯科衛生士が正しいブラッシング方法を指導します。歯磨きに対する意識を高めてもらうために説明し、わかりやすいように鏡で見てもらいながら行います。また、ブラッシング指導で使った歯ブラシはプレゼントしています。

矯正治療

キレイな口元やキレイな歯並びにあこがれる方に対して、豊島区要町の歯医者「エール歯科クリニック」では専門医による審美性にもこだわった矯正治療をご提供しています。細かい噛み合わせまで考慮することで、お口を開けたときに見える歯列がキレイになるのはもちろん、お顔全体のバランスも改善されて印象がよくなります。

当院では透明の装置を使用した矯正や、装置を歯の裏側に設置する矯正など、「目立たない矯正治療」にも対応しています。ご相談は無料です。

歯並びを整えて、健康でキレイなお口へ