エール歯科クリニックが重視していること

豊島区要町の歯医者「エール歯科クリニック」では、地域の皆様に安心してご来院いただくために、以下のこだわりを持って診療を行っています。

わかりやすい説明の徹底

治療の際には、事前に必ず症状や治療方針、治療の流れなどについて丁寧な説明を行っています。お話をする際には、画像やイラスト、模型などを活用してできる限りくわしく、患者様に理解していただけるように努めます。患者様に納得していただくことが治療の成功や治療後の健康維持につながると考えておりますので、治療に関して不明点や不安なことなどがありましたら、なんでもお気軽にご質問ください。

できるだけ痛みを抑えた治療

歯科治療の一番の問題点は、やはり「痛み」です。この痛みに苦手意識や抵抗感があるからできるだけ歯医者には行きたくない……という方は、とてもたくさんいらっしゃいます。そういった方に配慮して、当院では患者様が治療時にできるだけ痛みを感じないように、「表面麻酔」と「電動麻酔」の2種類を使用しています。

  • 表面麻酔

    麻酔を注射する際の痛みを和らげるために行う麻酔です。針を刺す瞬間のチクッとした鋭い痛みがやわらぎます。

  • 電動麻酔

    電動麻酔器を使用して、速度や注入量をコントロールします。薬液注入による圧痛や不快感、注射の痛みが起こらないようにします。

「ミニマルインターベンション」という考え方

「ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)」とは、歯や歯周組織、全身へのダメージを最小限に抑えて本当に悪くなったところだけを削除・修復し、できるだけ健康な状態を保とうという治療の考え方です。「最小侵襲治療」や「低侵襲治療」とも呼ばれます。

ミニマルインターベンション治療のメリット
歯を削る量が少なくてすむ 必要以上に歯や歯周組織を傷つけない
歯の神経を取るリスクを抑えられる 治療中の痛みを最小限に抑えられる

当院ではミニマルインターベンションの考え方を重視し、「歯の寿命をできるだけ縮めない治療」「痛みなどの身体的負担が少ない治療」に努めています。虫歯をチェックする際には、色が変わることで虫歯になっている部分がわかる検知液を使用。歯を失うリスクを重く受け止め、虫歯になっていない部分をできるだけ削らないように心がけています。また、神経を抜いてしまうと歯へのダメージが大きくなるので、できるだけ神経を残すことにもこだわっています。