気をつけて!妊娠中のお口は普段と違います

赤ちゃんを産むために、身体が急激に変化する妊娠期。このとき、つわりや唾液の質の変化、ホルモンバランスの変化などによって口腔内環境も大きく変化し、虫歯や歯周病になりやすくなっています。妊娠中に虫歯菌や歯周病菌が体内に入り込むと、早産や低体重児出産を引き起こす原因になるとも言われています。元気な赤ちゃんを産むためにも、そしてお母さんご自身が健康であるためにも、適切なケアで妊娠期のお口の健康を維持することが大切です。

豊島区要町の歯医者「エール歯科クリニック」では、院長の今上をはじめ女性の医師が妊婦さんの診療を行います。女性だからこそ気づけること、女性だからご提案できることがありますので、お気軽にご相談ください。

妊娠中の通院時期

妊娠初期
(1~4ヶ月)
この時期は、まだ切迫流産の可能性がある不安定な時期です。そのため、緊急を要する症状がなければ歯科治療は控えたほうがいいでしょう。
妊娠中期
(5~8ヶ月)
安定期に入ってからは、通常の歯科治療であれば問題なく行えます。医師に妊娠していることを伝え、負担がない形で適切な治療や処置を受けましょう。
妊娠後期
(9ヶ月~)
この時期になると、いつ陣痛が起こってもおかしくありません。緊急性がある場合を除き、できるだけ妊娠中期か産後のタイミングで治療を終わらせましょう。

早産を招かないための歯周病ケア

妊娠中のお口の健康管理で特に気をつけたいのが、歯周病です。歯周病というと「口の中だけの問題」だと思っている方が多くいらっしゃいますが、それは大きな間違い。妊娠中の歯周病は、早産(妊娠37週未満で出産すること)や低体重児出産(体重2,500g未満の新生児を出産すること)を引き起こすリスクを高めてしまうのです。

アメリカで報告された研究データによると、歯周病にかかった妊婦さんが早産や低体重児出産を招くリスクは、歯周病でない妊婦さんと比較して約7.5倍にもなるそうです。これは、妊娠中の飲酒や喫煙、あるいは高齢出産よりもはるかに高い確率で、歯周病が重症化すればするほど早産や低体重児出産の危険性が高まることもわかっています。

妊娠が判明した方、また、これから妊娠を望まれている方は、できるだけ身体の負担が大きくなる前に歯科医院で定期検診を受け、適切な予防処置に努めましょう。

妊娠中のお口の環境の整え方

お茶を飲む・うがいをする

つわりによる吐き気でブラッシングが難しいときは、食後に水やお茶を飲んだり、口をすすいだりしましょう。緑茶には殺菌作用のあるカテキンが豊富に含まれていますので、虫歯や歯周病の予防に役立ちます。

フッ素塗布・キシリトール摂取

歯科医院でフッ素を歯に塗布しておけば、歯質が強化されて虫歯になりにくくなります。また、キシリトールの摂取によって細菌の増殖を抑えることができると言われているため、この2つを組み合わせることで有効な虫歯・歯周病対策になります。

※ご相談いただければ、適切なケア用品についてもアドバイス可能です

ストレスのない生活を心がける

ストレスの有無によって免疫力は大きく変化します。しっかり睡眠をとるほか、家にこもっているだけでなく外で散歩をしてみましょう。

院長からひと言!

「妊娠中は治療を受けてはいけない」という考えから、まったく歯医者に足を運ばなくなってしまう方もいらっしゃいますが、妊娠中でも健康状態を把握するために一度はご来院いただくことをおすすめします。

また、妊娠前からご相談いただければ、妊娠中に問題が起こらないようなケア方法についてもアドバイスできます。当院へのご来院は臨月でも問題ありませんので、ぜひご相談ください。